生産終了品
RHSTP10は販売終了しました。
後継モデルのリモートヘッドRHST-PA1L200をご確認ください。

rhstp main

特長

市販の民生用ビデオカメラが搭載でき、カメラレンズ中心で回転するパソコン電動雲台(RHSTP 10)

PCからコントロールできる / パソコン制御

PCからコントロールできる / パソコン制御

ご利用のパソコンから、雲台の位置や、搭載したビデオカメラ、
一眼レフカメラなどのカメラ制御機能を追加できます。

雲台ポジショニング位置設定・カメラ制御可能 / ポテンショ内蔵

雲台の角度を検出できるようポテンショメータを内蔵しています。
これにより、1°単位の角度を指定しての制御が可能。また、ビデオカメラの制御機能を追加することもできます。

カメラレンズの中心で回転 / かんたんアングル調整

カメラレンズの中心で回転 / かんたんアングル調整

パン、チルトの回転中心がカメラレンズの中心にきます。
モニターを見ながらの撮影する場合、画面の中心を軸にして回転するのでアングル調整も簡単に行えます。

軽量で、耐衝撃性に優れた雲台 / 質量740g

雲台ケースに、傷がつきにくい耐久性の高いアルミニウムを採用しています。
万一の落下の際に、雲台を衝撃から守ります。普段の取り扱いや、持ち運び時に安心です。

また、アルミニウムは耐熱性にも優れていますので、長時間の撮影などで搭載物が熱を発した場合であっても
通常通りのご利用方法であれば、安心してお使いいただけます。

多彩な機材を搭載可能 / 民生用~業務用ビデオカメラ / 耐荷重3kg

多彩な機材を搭載可能 / 民生用~業務用ビデオカメラ / 耐荷重3kg

RHSTP10は、PC制御や映像撮影に最適な多機能型2軸電動雲台です。
小型のCCD、民生用(民生機)~業務用小型ビデオカメラの搭載が可能です。

また、ビデオカメラ以外でもオプションで取付金具を製作することにより、計測器やアンテナなどの機材も搭載できます。 

自由自在な取付方法 / 伸縮ポール・天井吊下げ・壁掛け

自由自在な取付方法 / 伸縮ポール・天井吊下げ・壁掛け

据え置きはもちろんのこと、ご利用の環境に合わせて、横置きや壁面、天井吊下げにも対応可能です。
また、雲台を取付け部分は、標準で1/4インチネジ穴がついており、三脚、伸縮ポールなどに設置できます。

rh20_option
その他オプション

据え置きや、壁面や天井、モニターアーム(VESA規格)に
取付けるための各種アダプターをご用意しています。

設置が難しい場所への取付も、長年、地道に積み上げてきた実績と経験から、
専用の取付アダプタを製作し、取付を実現にします。ぜひご相談ください。

屋外雲台へカスタマイズ可能 / 気中防水

ご利用用途に応じて、外形はそのままで、防水仕様に変更できます
(コネクタ位置変更 / 防水コネクタに変更 / 屋外雲台の専用台追加 )

切削水を利用した工場や、粉塵が浮遊する工場内撮影、海上での撮影であっても
搭載物にハウジングをつけることで、小型屋外用雲台としてお使いいただけます。 

また、屋外に常設する場合は、搭載物に合わせて日よけカバーを制作することも可能です。

※ご利用の目的、設置場所、環境によって電動雲台の仕様が異なるため、
形状、サイズが標準品と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

仕様情報

製品名 ポテンショ内蔵小型雲台 標準タイプ
商品名 リモートヘッド RHSTP10
動作速度※1 パン 約15°/秒 チルト 約15°/秒 ※誤差±15% ★1
動作範囲※1 ※2 パン ±180° チルト ±45°
最小角度指定 1°(誤差±0.8°)
耐荷重※3 軸トルク(軸中心)3kgcm
電源 DC12V (ACアダプター使用時)
本体素材 アルミ
ホワイト/ブラック/シルバー
質量 約740g
外形寸法 W 126mm×H 131mm×D 100mm ※突起部分を除く
動作可能周囲温度 -10℃~45℃ ※凝結なきこと

※1値は据え置き時になります。
※2 動作範囲はご使用状況に合わせて調整することが可能です。
※3 搭載物の質量が耐荷重未満であっても、取付重心位置によっては
負荷がかかり、耐荷重を超える場合がありますので、ご注意ください
★1 スピード変更可能です
※ご希望に合わせてカスタマイズ可能です。ぜひお気軽にご相談ください

外形図

rhstp10_scale

アクセサリ

コントローラ

RCPC10 100
RCPC10

ポテンショを内蔵した電動雲台をPCで遠隔操作するための制御ユニット

商品情報

ケーブル

専用ケーブル

その他

専用ソフトウェア、ACアダプタ、USB-RS232Cケーブル、カメラケーブル(カメラ制御有の場合のみ)

ページトップへ