「LANC端子」とは、SONYが開発したカメラコントロール信号、 
「A/Vリモート端子」とは、LANC端子とビデオ出力(映像出力)端子が統合された信号です

現在、どちらの端子もSONY、CANONのカメラで利用されています。

また、業務用カメラには「LANC端子」、ハンディカメラには「A/Vリモート端子」がついていること
が多く、ハンディカメラ小型化に伴い、「LANC端子」から「A/Vリモート端子」に移行しています。


お手持ちのビデオカメラに「LANC端子」「A/Vリモート端子」がついているか確認する方法は、
ビデオカメラの取扱説明書や、メーカーのHPより仕様情報をご覧ください。

●SONY
http://www.sony.jp/handycam/

●CANON
http://cweb.canon.jp/product/dvcamera/index.html


また、ご不明な場合は一度ご相談くださいますようお願い申し上げます。 

 

 

まずはお気軽にご相談ください。お客さまのニーズに最適な製品を提案します

WEBからのご相談・お問い合わせはこちら

  • お見積り依頼
  • こんな製品が欲しいけど
    どのように作るかわからない
  • 提案依頼
  • アイデアを持っているので
    実現できるか相談したい
  • 納期の確認
お電話、FAXでのお問い合わせ
TEL
06-6809-5263

【受付時間】平日9:00~17:30

FAX
06-6809-5267

【受付時間】24時間受付

ページトップへ